時代と共に変化|砂利で庭を大変身!おすすめのガーデニング特集

砂利で庭を大変身!おすすめのガーデニング特集

時代と共に変化

芝刈り

変遷と現在までの刈払機

夏の昼下がりに、外から良く刈払機の草を刈る音が聞こえて来て、草が勢い良く伸びる様を思い描くものですが、この刈払機なるもの登場して60年ほどが経っています。昭和30年ごろに2サイクルエンジン(混合油使用)搭載の物が登場し、以降研究が重ねられ現在では4サイクルエンジンオイル(ガソリン使用)、電気式の物まであります。また形状は背中に背負う背負式刈払機、長い柄を左右に振って雑草を除去する桿式刈払機があり、使い勝手(エンジン始動の優位性や刈払い時の身体への影響など)によって使い分けされている。もっと以前では鎌やハサミなどで雑草を切り取っていたようなので、これに比べると超越的に仕事が効率化されたものと思われます。

これからの機器の変化

現在企業努力により、その操作性や安全性は格段に高くなり、使用上の注意をきちんと守ることで安全に作業を行う事ができます。その上、各メーカーはヒビ新たな高みを目指して技術革新に邁進しています。メーカーの新ダイワから混合油使用の4サイクルエンジンの販売が開始され、注目を浴びている。また行政とのタイアップにより無人で除草作業を行う事が出来る刈払機の設計が進められており、人が進入しにくい場所を、無人機械化することで作業を行えるように検討されています。また近年の離農の拡大化や都市化の拡大が進み、道路はアスファルトで覆い尽くされ、山間部まで造成して住宅が立ち並ぶようになりました。こうした中で雑草の生える範囲も限られており、人を頼んだこれまでの刈払機からの脱却が図られる日もそう遠くはありません。